Windows10のスタートメニューのレイアウトをバックアップ・復元する方法

Windows10のスタートメニューは、アプリやフォルダーなどをピン留めしたり、タイルの大きさの変更、タイルのグループ化、スタートメニュー自体のサイズの変更などを行うことができる。
Windows10のスタートメニューのレイアウトは、いくつかの手順でバックアップし、クリーンインストールしたWindows10や、任意のユーザーアカウントに復元することがでるため、バックアップがあればレイアウトをやり直す必要はないので便利である。

ここでは、Windows10で任意のユーザーアカウントのスタートメニューのレイアウト(配置)のバックアップ、そしてそれらを復元する方法をかんたんに説明する。

スタートメニューのレイアウトをバックアップまたは復元するには、管理者としてサインイン、Administrator(ビルトイン)アカウントを有効にする必要があることに注意。

 

スタートメニューのレイアウトをバックアップする方法

  1. Administrator(ビルトイン)アカウント
    1
    ビルトインアカウントを有効

    初めにビルトインAdministratorアカウントを有効にしておく。Administrator(ビルトイン)アカウントを有効にするには以下の記事を参考。

    Windows10でAdministrator(ビルトイン)アカウントを有効または無効にする方法

  2. サインアウト
    2
    一時的にサインアウト

    スタートメニューのレイアウトをバックアップしたいアカウントからサインアウトする。(スタートメニューのレイアウトをバックアップしたいアカウントからログアウトしなければ、スタートメニューのレイアウトが使用中となりバックアップできない為)

  3. Administrator(ビルトイン)アカウントにサインイン
    3
    Administratorアカウントにサインイン

    次に、Step1で準備しておいたAdministrator(ビルトイン)アカウントにサインインする。

  4. TileDataLayerフォルダーを開く
    4
    TileDataLayerフォルダーを開く

    エクスプローラーで、バックアップしたいレイアウトが保存されている以下のTileDataLayerフォルダーを開く。<ユーザー名>の部分はバックアップしたいユーザー名のフォルダーに置き換える。
    (TileDataLayerフォルダーが表示されない場合は、隠しフォルダーを表示する設定を行う必要がある。)

    C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\TileDataLayer

  5. Databaseフォルダーをコピーしてバックアップ
    5
    Databaseフォルダーをバックアップ

    TileDataLayerフォルダー内のDatabaseフォルダーをコピー(右クリックから、またはCtrl+C)し、バックアップしたい場所にペースト(保存)する。

スタートメニューのレイアウトを別のアカウントに復元する方法

  1. ビルトインアカウントを有効
    1
    ビルトインアカウントを有効

    初めにビルトインAdministratorアカウントを有効にしておく。Administrator(ビルトイン)アカウントを有効にするには以下の記事を参考。

    Windows10でAdministrator(ビルトイン)アカウントを有効または無効にする方法

  2. サインアウト
    2
    一時的にサインアウト

    スタートメニューのレイアウトを復元したいアカウントからサインアウトする。(スタートメニューのレイアウトを復元したいアカウントからログアウトしなければ、スタートメニューのレイアウトが使用中となりバックアップできない為)

  3. Administrator(ビルトイン)アカウントにサインイン
    3
    Administratorアカウントにサインイン

    次に、Step1で準備しておいたAdministrator(ビルトイン)アカウントにサインインする。

  4. TileDataLayerフォルダーを開く
    4
    TileDataLayerフォルダーを開く

    エクスプローラーで復元したいレイアウトが保存されている以下のTileDataLayerフォルダーを開く。<ユーザー名>の部分は復元したいユーザー名のフォルダーに置き換える。
    (TileDataLayerフォルダーが表示されない場合は、隠しフォルダーを表示する設定を行う必要がある。)

    C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\TileDataLayer

  5. 「Database」フォルダーを「Database.old」に変更
    5
    Databaseフォルダーの名前を変更

    TileDataLayerフォルダー内のDatabaseフォルダーの名前を「Database」から「Database.old」に変更する。(右クリックから名前を変更)
    このDatabase.oldフォルダーは、バックアップとして機能する。

  6. DatabaseフォルダーをTileDataLayerフォルダー内にペースト
    6
    Databaseフォルダーを復元

    スタートメニューのレイアウトをバックアップする方法のStep5でバックアップした方の「Database」フォルダーをTileDataLayerフォルダー内にペースト(右クリックからまたはCtrl+V)する。
    スタートメニューのレイアウトを復元したいアカウントに再びサインインし、スタートメニューのレイアウトがバックアップから復元されていることを確認する。

出典または引用

– Ads & Featured Contrents –