Windows10で隠しファイル、フォルダー、ドライブを表示する方法

Windows10では、デフォルトで隠しファイルやフォルダー、ドライブは非表示になっている。隠しファイルは、重要なファイルであることが多く、変更したり削除しないことが推奨されているため非表示になっている。
しかし、手動でこれらの非表示になっているファイルを表示させることも可能である。

ここでは、Windows10で隠しファイルやフォルダー、ドライブを表示する方法または非表示にする3つの方法を簡単に説明する。

隠しフォルダーを表示させると半透明のフォルダーとして表示される

方法1. エクスプローラーのオプションから非表示または表示する

  1. エクスプローラーのファイルメニューからオプションを選択
    1
    フォルダーオプションを開く

    Windowsエクスプローラーのファイルメニューから「オプション」または「フォルダーと検索オプションの変更」を選択しフォルダーオプションを開く。もしくはWindowsエクスプローラーの表示タブにあるリボンからオプションを開き、フォルダーオプションを開く。

  2. 表示タブのファイルとフォルダーの表示の設定
    2
    表示タブから隠しファイルの表示設定

    フォルダーオプションの表示タブを開き、少し下へスクロールし「ファイルとフォルダーの表示」の項目で、隠しファイルの表示設定を行う。

    隠しファイルやフォルダー、ドライブを表示させたい場合は「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを、
    デフォルト設定の、隠しファイルやフォルダー、ドライブを非表示にしたい場合は下の「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示しない」にチェックをいれる。

  3. 保護されたオペレーティングシステムシステムファイルを表示しない
    3
    保護されたオペレーティングシステムの設定

    さらに下へスクロールし、保護されたオペレーティングシステムの設定を行うことが出来る。「保護されたオペレーティングシステムシステムファイルを表示しない」のチェックを外すと表示されるようになる。(デフォルトはチェックされている状態)

    チェックを外そうとすると、警告アラートが表示されるので、「はい」をクリックすると表示されるようになる。

    設定完了後は「OK」ボタンを押してフォルダーオプションを閉じる。

方法2. エクスプローラーのリボンから非表示または表示する

  1. エクスプローラーの表示タブのリボンの隠しファイルのチェック
    1
    エクスプローラーの表示タブから設定

    Windowsエクスプローラーを開いた状態で「表示」タブをクリックし、リボンにある「隠しファイル」にチェックを入れる(または外す)だけで隠しファイルを表示(または非表示)にすることができる。

出典または引用

– Ads & Featured Contrents –