Windows10で日付と時刻の形式を変更する方法

Windowsは、タスクバーの一番右に日付と時刻が表示されている。この日付や時刻の表示はフォーマットを変更することで、自分が見やすいと思う表示方法に変更することが出来る。

ここでは、Windows10で設定変更できる、日付・時刻の形式(フォーマット)の変更方法を簡単に説明する。

設定アプリから日付と時刻のフォーマットを変更

  1. 設定アプリから時刻と言語を選択
    設定から日付と時刻を開く

    Windows PCからこちらをクリックするか、設定アプリを開き時刻と言語 > 日付と時刻を選択する。

     

  2. 日付と時刻の形式を変更する
    日付と時刻の形式を変更

    少し下へスクロールして「日付と時刻の形式を変更する」をクリックする。

  3. 日付と時刻の形式を変更
    形式を変更する

    以下のようないくつかの形式を、予め用意されているフォーマットから選択し、変更することができる。変更後は設定アプリを終了させる。

    • 週の最初の曜日
    • 日付(短い形式)
    • 日付(長い形式)
    • 時刻(短い形式)
    • 時刻(長い形式)

コントロールパネルから日付と時刻のフォーマットを変更

  1. コントロールパネルから日付と時刻の設定
    コントロールパネルから形式の変更

    コントロールパネルを開き、カテゴリ表示にし、「時計、言語、および地域」の下にある「日付、時刻、または数値の形式の変更」を選択する。

  2. 日付と時間を予め用意されているフォーマットから選択し変更する
    形式を変更する

    以下のようないくつかの形式を、予め用意されているフォーマットから選択し、変更することができる。もし、あらかじめ用意されている日付や時刻のフォーマットに、好みの形式がなければ「追加の設定」をクリックして、次のStepで説明しているように自分でカスタマイズすることが出来る。

    • 日付(短い形式)
    • 日付(長い形式)
    • 時刻(短い形式)
    • 時刻(長い形式)
    • 週の最初の曜日
  3. 時刻と日付の形式のカスタマイズ
    時刻と日付の形式のカスタマイズ

    もし元々用意されている形式のリストに、設定したい形式がなければ自分で設定することが出来る。時刻と日付のタブがそれぞれ用意されており、午前と午後の表記や時刻の表記、日付の表記などを細かくカスタマイズできる。

    設定変更後は「OK」ボタンをクリックして閉じる。

更新履歴

  • 設定アプリを開くリンクを修正 (2017/07/25)

– Ads & Featured Contrents –