windows10

Windows10の右クリックメニューやスタートメニュー表示の遅延時間を変更する方法

Windowsは様々な視覚効果やアニメーションがある。例えばスタートメニューを開く時やタスクバーに表示しているアイコンを右クリックすると再生されるアニメーションなどがわかりやすい例かもしれない。

スタートメニューや右クリックメニュー、サブメニューなどはクリック後、数百ミリ秒の遅延の後に表示されるようになっている。この遅延秒数はデフォルトで400ミリ秒に設定されているが、秒数を変更することでさらに素早く表示させることができる。

ここでは、Windows 10のレジストリに変更を加えて、スタートメニューや右クリックメニューが表示されるまでに遅延時間を変更する方法を簡単に説明する。

メニュー表示の遅延時間を変更

Step1.

regedit

Win+Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスに「regedit」と入力してエンターまたはOKをクリック。

 

Step2.

MenuShowDelay-1

レジストリエディタが表示されるので、以下の場所に移動する。

HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop

 

Step3.

Desktopキーの右側パネルにある「MenuShowDelay」をダブルクリックして開く。

 

Step4.

MenuShowDelay-2

「値のデータ」に0から4000の間で任意のミリ秒の値を入力する。デフォルトでは400(ミリ秒)となっている。(参考:1000ミリ秒=1秒)

数字が小さいほど速く応答することになり、0を入力すると遅延無しとなる。

 

Step5.

レジストリエディタを終了し、一度Windowsをサインアウトしてからサインイン、またはPCを再起動して適用される。

 

デフォルトに戻したい場合は、上記と同じ手順で、Step4の数値を400に設定する。

その他、Windows 10のシステムをまとめてレジストリに変更を加えて高速化するには以下のページから。
Windows 10でレジストリを使用してシステムを高速化する方法

 

 

– Ads & Featured Contrents –