how-to-change-old-style-explorer

Windows 10のエクスプローラでクイックアクセスを旧スタイル風にする方法

Windowsの10のファイルエクスプローラは、新しく「クイックアクセス」という項目が追加されている。

このクイックアクセスをを開くと「よく使用するフォルダー」や「最近使用したファイル」の一覧が表示される。 以前のWindowsのお気に入りフォルダと置き換わっているようだ。

 

Microsoftは、素早くよく使用するフォルダーや最近使用したファイルにアクセスできるように変更したわけだが、いくつかの設定を変更するだけで以前のスタイルに戻すことができるようになっている。

「クイックアクセス」の代わりに「PC」を表示させる

Windows 10ではエクスプローラの新規ウィンドウを開く度に「よく使用するフォルダー」や「最近使用したファイル」へのアクセスができる「クイックアクセスビュー」が表示される。

Windows 8 > 新規ウィンドウ > コンピュータ(PC)

Windows 10 > 新規ウィンドウ > クイックアクセス

Windows 8とWindows 10のエクスプローラの比較
左:Windows 8、右:Windows 10

これらは少しの設定で以前のように「クイックアクセス」を表示させるのではなく「PC」の項目をを表示させることができる。

「PC」の項目とは従来のWindowsの「マイコンピューター」のようなものである。デスクトップ、ドキュメント、ダウンロード、ミュージック、ピクチャ、ビデオのようなユーザーアカウントのフォルダが表示される。Windows 8ではこれがデフォルトの表示となっていた。

 

Windows 10のクイック アクセスを旧スタイルに変更する
ファイル>フォルダーと検索のオプションの変更>エクスプローラーで開く

エクスプローラーでデフォルトでこの「PC」表示への変更する方法は、「ファイル」メニューをクリックし、「フォルダーと検索のオプションの変更」を選択する。 フォルダーオプションウィンドウが表示されるので全般タブの一番上に「エクスプローラーで開く」の項目「クイックアクセス」を「PC」に変更し、OKボタンをクリックするだけだ。

 

サイドバーにお気に入りフォルダ風に

「クイックアクセス」には、エクスプローラウィンドウの左上にこれまでのWindowsにあった「お気に入り」の代わりに使用されている。

よく見ると実際にはわすかに再設計されたお気に入りリストだということがわかる。 使用方法もピンを立てて、ショートカットのような使い方である。ピン留めをするといつでもクイックアクセスからそのフォルダへアクセスできるようになっている。

 

また、Windowsが自動的にこのリストに「よく使用するフォルダー」としてクイックアクセスに追加している。お気に入りリストのような旧スタイルの表示にさせるには「よく使用するフォルダーを表示させないように設定する必要がある。

 

よく使うフォルダーをクイック アクセスに表示するをオフに
ファイル>フォルダーと検索のオプションの変更>「よく使うフォルダーをクイック アクセスに表示する」のチェックを外す

その設定方法は、「ファイル」メニューをクリックし、「フォルダーと検索のオプションの変更」を選択する。 下の方にあるプライバシーのセクション内にある「よく使うフォルダーをクイック アクセスに表示する」のチェックを外し、OKボタンをクリックする。

 

ドラッグ&ドロップでクイック アクセスにフォルダを追加

名前はクイックアクセスのままであるが、これでクイックアクセスのリストにドラッグ&ドロップすることでお気に入りのフォルダ同様に追加することができる。

クイックアクセスのリストからフォルダを削除するには、そのフォルダを右クリックし「クイック アクセスからピン留めを外す」を選択する。

 

クイックアクセスに表示される内容のカスタマイズ

ファイル」メニューからフォルダーと検索のオプションの変更を設定した時に「最近使ったファイルをクイック アクセスに表示する」というオプションがある。これは文字通りだが、逆にチェックを外すと最近使用したファイルを表示させないようにできる。

クイックアクセスに表示される内容のカスタマイズ

これらの設定でクイックアクセスの表示によく使用するフォルダーだけを表示させることができる。または両方のオプションを無効にしてクイックアクセスの表示にお気に入りフォルダだけを表示させることができる。

 

 

– Ads & Featured Contrents –