iPhoneでSafariの履歴やWebサイトデータを消去する方法

iPhoneやiPadなどで日々ウェブサイトを閲覧していると履歴やWebサイトデータがたまり、それが原因でストレージが肥大化してしまい、Safariが重くなってしまったりすることがある。

徐々に重くなったSafariを軽くするには履歴やデータなどを一度クリアすることで元の軽さを取り戻すことができるので定期的にSafariのメンテナンスを行うことをおすすめする。

 

以下の内容はiOS 8でのSafariの履歴やWebサイトデータの消去方法、プライベートモードを使用する方法などの簡単なチュートリアルである。

 

また、Safariでは履歴やWebサイトデータだけでなくオフラインリーディングリストのキャッシュなどもストレージを使用するものであるため、これらの見直しも定期的に行なっておこう。

Safariのリーディングリストのキャッシュを削除してストレージを開放する方法

 

事前注意

以下で説明する手順を行う前に確認しておく必要がある

  • 履歴とウェブサイトデータを消去した場合、履歴セクションにあるものがすべてクリアされます
  • 現在Safari経由でログインしているサイトがあればすべてログアウトされます

以上の2つを確認し、問題なければ以下の手順でSafariに保存されているすべての不要なファイルを削除しよう。

 

 

一度にSafariの履歴とWebサイトデータを消去する方法

iOS 7の時とは異なり、iOS 8では履歴とWebサイトデータを一度にクリアすることができる。方法も非常に簡単である。

how-to-clear-safari-data2

Step1. 設定アプリを起動し、下にスクロールしてSafariをタップする

 

how-to-clear-safari-data3

Step2. 下の方にスクロールし「履歴とWebサイトデータを消去」をタップし、確認ウィンドウが表示されるので「履歴とデータを消去」をタップする。

 

たったこれだけで履歴とデータを消去完了だ。もし履歴とWebサイトデータをまとめて削除するのではなく、履歴だけ削除したい場合やWebサイトデータだけを削除したいという場合は個別に削除することもできるので以下の手順に沿って削除しよう。

 

Safariの履歴だけを消去する方法

ウェブサイトデータは削除せずにSafariの履歴だけを削除することもできる。iOS 7の時とは違い設定アプリから履歴のみを削除することはできなくなっている。

 

how-to-clear-safari-data4

Step1. Safariを開き、下のバーにあるブックマークボタンをタップする

 

how-to-clear-safari-data5

Step2. ブックマークを開き履歴セクションをタップするとこれまでに閲覧したウェブサイトの履歴が表示されるので、削除したい履歴を左にスワイプすると削除できる。

 

how-to-clear-safari-data6

また右下の消去ボタンから「直近1時間を消去」「今日を消去」「今日と昨日を消去」「すべての履歴を消去」の中からまとめて削除することができる。

 

以上の方法でSafariの履歴のみを削除することができる。

 

Webサイトデータだけを削除する方法

ウェブサイトデータもSafariの履歴のように個別に削除やまとめて削除をおこなうことができる。

 

how-to-clear-safari-data2

Step1. 設定アプリを開きSafariを選択する。

 

how-to-clear-safari-data7

Step2. 最下部辺りにある「詳細」をタップし「Webサイトデータ」をタップする。

 

how-to-clear-safari-data8

Step3. iOSデバイス内にあるWebサイトデータの一覧が表示されるのでセクションを左にスワイプして削除するか右上の編集ボタンをタップして個別に削除することができる。また、一番下にスクロールすると「全Webサイトデータを削除」の項目からすべて削除することも可能である。

 

Safariでトラッキングを無効にする方法

トラッキングはユーザーの行動を記録し、どのWebサイトからのリンクをたどってきたのかなどを記録するものであり、これらは設定から無効にすることができる。

 

how-to-clear-safari-data9

Step1. 設定アプリからSafariを選択して下へスクロールし、プライバシーとセキュリティの項目にある「追跡しない」をオンにする。

 

Cookieは一度訪れたことがあるサイトからユーザーの傾向分析したりできる広告主や開発者の支援になる小さなファイルである。これも設定から変更が可能である。

 

how-to-clear-safari-data10

Step1. 設定アプリを開き、Safariを選択し下へスクロールして「Cookieをブロック」を選択

Step2. 許可する範囲を選択する。「常にブロック」が一番高いレベルで順にレベルが下がり、「常に許可」はブロックしない。

 

Safariでプライベートブラウズモードを有効にする方法

SafariではCookieを保存するウェブサイトを防ぐためにプライベートブラウズモードを使用することができる。またアクセスするページや検索履歴、自動入力情報がSafariに保存されないようになっている。

how-to-clear-safari-data11

Step1. いつもどおりSafariを開き、右下のタブボタンをタップする。

Step2. 左下に「プライベート」と表示されているボタンをタップし、プライベートの文字の背景が白くなっている状態で「+」ボタンをタップして使用する

 

 

 

– Ads & Featured Contrents –