iOS 9の小技 : Safariで使える「ペーストして検索」と「ペーストして開く」新機能

前回は、iOS 9の新機能でアラームをスライドで簡単に削除できる機能を紹介した。

ここでは、ペーストボード、クリップボードからSafariを使用して直接検索やアクセスが簡単にできるiOS 9の新機能のご紹介。

 

この機能を使用するとどんなワードでもURLでも、Safariの検索窓にペースト後に検索やエンターキーを押す必要がなく、長押しで直接検索やURLを開く事ができる。

 

検索窓を長押しして検索

paste-and-go-ios9-feature1
iOS 9の新機能:Safariで長押し検索

これまでのiOSでは、例えば任意のテキストをコピーした後はSafariの検索窓を一度タップした後、キーボードの「Go」ボタンをタップするなどして検索を行っていた。

これだけでも十分速いとは思うが、iOS 9からの新機能では、

検索窓を長押し

すると黒いポップアップメニューが表示され、コピーペーストして検索の2種類を選択できるようになっている。

お分かりの通りペーストして検索を選択するとGoボタンをタップする必要がなくそのまま検索することが出来るのだ。

 

URLも直接開ける

paste-and-go-ios9-feature2
Safariで長押しでURLを開く

上記のようにテキストを素早く検索することができるが、URLをコピーした場合ももちろん同じように素早く開くことが出来る。

方法は同じでURLをコピーした後、Safariを開き検索窓を長押しするだけでポップアップでメニューが表示されコピーとペースとして開くの2つから選択できる。

 

上記の2つのペースト機能には少し注意点があり、検索窓を一度タップした後(キーボードが表示されている状態)で長押ししても同じように素早く検索や開くことができない。

 

関連記事

 

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.