Windows10でコントロールパネルと設定を無効にする方法

Windows10では、設定を検索し変更するために、検索やアプリ内からの設定、設定アプリ、コントロールパネルなどで設定を変更できるが、多くは設定アプリ内で変更が可能となっている。

過去のWindowsでは、コントロールパネルや他の設定で変更することが多かった画面解像度の変更や、デバイスの追加と削除、アカウントの追加なども設定アプリ内で変更することができる。

ここでは、Windows 10でコントロールパネルと設定へのアクセスを有効または無効にする方法を簡単に説明する。以下で説明する手順を行うには管理者としてサインインする必要があることに注意。

注意:

以下の方法1、方法2で設定とコントロールパネルを無効にした場合、設定を開くと一瞬表示されるがすぐに閉じる。そしてコントロールパネルを表示しようとすると以下のようなアラートが表示され、開くことができなくなる。

このコンピューターの制限により、処理は取り消されました。

 

方法1. REGファイルでコントロールパネルと設定を無効/有効

  1. コントロールセンターを無効にする.regファイル
    regファイルをダウンロード

    以下の設定したいregファイルをダウンロードしデスクトップ上に保存する。

    コントロールパネルと設定を無効にする場合

    コントロールパネルと設定を有効にする場合(デフォルト)

  2. レジストリを信頼
    regファイルをダブルクリックして実行

    ダウンロードした.regファイルをダブルクリックして実行する。

    また、レジストリの追加または変更は以下の部分であり、手動で行うことも可能。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

    NoControlPanelという名前で追加または変更する。種類はDWORD、値が0で有効、1で無効となる。NoControlPanelを削除することでも有効となる。

  3. Windowsを再起動
    PCを再起動

    変更を適用するには、Windowsをサインアウトし再度サインインするか、PCを再起動する。実行後は.regファイルは削除しても問題ない。

方法2. ブループポリシーエディタで無効または有効にする

注意:

ここの方法2で使用するローカルグループポリシーエディタは以下のエディションでのみ利用可能です。方法1はすべてのエディションで使用可能です。

  • Windows 10 Pro
  • Windows Enterprise
  • Windows Education
  1. ローカル グループポリシーエディターを開く

    スタートメニューまたは検索(Win+R)で「gpedit.msc」と入力し、ローカル グループポリシーエディターを開く。

  2. コントロールパネルとPC設定へのアクセスを禁止

    ローカルグループポリシーエディタを開いたら、左側パネルで以下の順でクリックし展開する。

    ユーザー構成 > 管理用テンプレート > コントロールパネル

    次に右側のパネルで「コントロールパネルとPC設定へのアクセスを禁止する」をダブルクリック、もしくはポリシー設定の編集をクリックする。

  3. 有効または無効にする

    左上の「コントロールパネルとPC設定へのアクセスを禁止する」のオプションの3つのうちのいずれか1つを選択する。

    コントロールパネルや設定へのアクセスを禁止したい場合は「有効」にチェックを入れてOKボタンを、
    コントロールパネルや設定へのアクセスを可能(有効)にしたい場合は「未構成」または「無効」にチェックを入れてOKボタンをクリックする。
    ※デフォルト設定は「未構成」

出典または引用

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.