Twitterアプリやウェブ上のTwitterで動画の自動再生を停止する方法

通常、Twitterのタイムラインをスクロールすると、動画の投稿がある場合は自動で動画の再生が開始してしまう。音は再生されないものの、勝手に再生してほしくないというユーザーも少なくないはずだ。さらにモバイル版のTwitterで、モバイルデータ通信を使用している場合はその分使用してしまう。

ここでは、ウェブ上またはモバイル上のTwitterで、タイムラインに投稿されている動画の自動再生を停止する方法を簡単に説明する。

ウェブ上のTwitterの自動再生を停止

  1. プロフィール画像から設定とプライバシーを選択
    設定とプライバシーを開く

    Twitter(twitter.com)のウェブサイト上の右上にあるプロフィール画像をクリックし、「設定とプライバシー」を選択する。

  2. 動画の自動再生のチェックボックスをして変更を保存する
    動画の自動再生のチェックボックスをオフ

    ユーザー情報のセクションであることを確認し、下にスクロールして「コンテンツ」の項目にある「動画ツイート」の「動画の自動再生」のチェックボックスを外し、「変更を保存」をクリックする。

  3. パスワードを入力して変更を保存
    パスワードを入力して変更を保存

    最後にかならず下部にある「変更を保存」をクリックして変更を適用する。「変更を保存」をクリックすると、パスワードの入力を求められるのでパスワードを入力してから再度「変更を保存」をクリックする。

モバイルのTwitterアプリで自動再生を停止

以下はTwitter バージョン 7.1で説明しており、アップデートで手順が変更する可能性があることに注意。
  1. Twitterの設定とプライバシーを開く
    設定とプライバシーを開く

    Twitterアプリを開いて左上にあるプロフィール画像をクリックし、「設定とプライバシー」を選択する。

  2. 動画の自動再生をオフ

    データ利用の設定を選択し、動画セクションにある「動画の自動再生」をタップして「オフ」を選択する。

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.