コンピューター上で一つ以上のネットワークプロトコルが不足と表示され繋がらなくなる問題

Windows10が公開されてから数ヶ月経っているが、まだまだ不具合はあるようだ。Windows10を利用していると、ある日突然インターネットに繋がらない状態になる問題を多くのユーザーが抱えている。

特に目立っている報告でなかなか解決できない問題の1つは、「このコンピューター上で一つ以上のネットワークプロトコルが不足しています」と表示され、WiFiやインターネットに繋がらない、途切れるという問題だ。

この問題を解決することが出来る方法がいくつかのメディアで紹介されているが、それでも解決しないという事が多いようだ。

ここでは、このコンピューター上で一つ以上のネットワークプロトコルが不足しています」と表示され、インターネット、WiFiに繋がらない問題を解決する幾つかの方法をまとめて紹介する。

※レジストリや設定を変更するため、行う際は自己責任で!!

症状

Network-Protocols-are-missing-on-this-computer-12

Windows7やWindows8などをアップデートしWindows10にすると、ある日突然インターネットに繋がらないという問題を多くのユーザーが報告している。

環境によって異なっているようだが、PCを起動したはじめの数十分は問題なくインターネットに繋がるが、10分~数十分経った時にWiFiが切れるようになることが多いようだ。

 

タスクバーのネットワークアイコンを右クリックして行える「問題のトラブルシューティング」をクリックして解決しようとすると、いくつかのパターンでメッセージが表示される。

  • このコンピューター上で一つ以上のネットワークプロトコルが不足しています
  • このコンピューターでWindowsワイヤレスサービスが実行されていません
  • ワイヤレスアダプターまたはアクセスポイントに関する問題
  • デフォルトゲートウェイは使用できません
  • ネットワーク接続に必要なWindows ソケット レジストリエントリが不足しています。

これらの問題は改善されること無いままインターネットに繋がらない状態が続く。

 

いくつかのユーザーはいくつかのメディアで紹介された方法で、Windows8や7など以前の状態に戻す・ダウングレードしたり、Windows10を再インストールするという方法を行っているようだ。

しかし、できれば今のままの状態をキープして解決したいというユーザーが多いはずだ。海外のメディアを含め、いくつかの解決法が紹介されていたので以下にまとめておく。ダウングレードや初期化してしまう前に一度試してみると良いかもしれない。

 

1. ファイアウォールやセキュリティソフトを無効にする

サードパーティ製のセキュリティソフトやファイアウォールを使用している場合は、PC起動時に一時的に手動で無効にしてみる。

いつもなら数十分経った時に接続できなくなる不具合が、数十分以上使用していても問題が発生していない場合はセキュリティソフトを疑うべきである。

2. ネットワークアダプターのドライバを更新する

ネットワークアダプターの不良、破損、または互換性のない古いドライバが原因で起こっている可能性がある。製造元のウェブサイトがわかる場合は、ウェブサイトにアクセスし、ネットワークアダプター用の最新の互換性のあるドライバをダウンロードしインストールする。

その後コンピューターを再起動して問題が解決しているかどうかを確認する。

 

もし、上記のネットワークアダプターの最新ドライバがダウンロードまたはインストール出来ない場合は以下の手順で、デバイスマネージャを使用してネットワークアダプターをアンインストール後に再インストールすることもできる。

  1. Win + Xキーを起動し、デバイスマネージャオプションを選択する。もしくは検索ボックスに「devmgmt.msc」を入力しエンターを押す。
  2. ネットワークアダプターの項目を展開し利用中のアダプタを右クリックする。
  3. 「削除」を選択する。
    デバイスマネージャでドライバーを削除
  4. 削除が完了したらPCを再起動する

上記の手順を行うとアダプタの再検索が行われWindowsがドライバを再インストールするようになっている。再インストールが完了したら一度PCを再起動して問題が解決しているかどうかを確認する。

(参考:Microsoft

3. Winsockカタログをリセットする

まだ問題が改善されていない場合は、Winsockカタログをリセットしてクリーンな状態にする手順を行う。

  1. Win + Xを開きコマンドプロンプト(管理者)を選択する。または検索ボックスに「cmd」と入力し検索結果に表示されているコマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」をクリックする。
    コマンドプロンプトを管理者として実行
  2. コマンドプロンプトが起動したら上記のコマンドを入力する。
    netsh winsock reset

    Winsockカタログをリセット

コマンド入力後、「Winsockカタログをリセットしました。」と表示されると完了。

一度PCを再起動して問題が解決しているかどうかを確認する。

(参考:Microsoft

4. NetBIOSを無効にする

NetBIOSを無効にすると解決するという報告もいくつかある。これまでの手順で改善されない場合はNetBIOSを無効にする方法を試す。

  1. 検索ボックスから「ネットワーク接続の表示」と入力しエンターでコントロールパネルを開く。
    ネットワーク接続の表示
  2. 接続しているネットワークアダプターを右クリックしプロパティを選択する。
  3. インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)をハイライトさせ(選択して)プロパティをクリック。
  4. 下の方にある詳細設定をクリックする。
  5. 上部のタブの「WINS」を開く。
  6. NetBIOS設定の「NetBIOS over TCP/IPを無効にするにチェックを入れてOKをクリックする。
    NetBIOSを無効にする

一度PCを再起動して問題が解決しているかどうかを確認する。

(参考:tenforums

5. IPアドレスを自動的に取得してカスタムDNSを設定

上記の手順までで問題が解決しない場合は以下の手順でIPアドレスを自動的に取得し、カスタムDNSをGoogleのパブリックDNSに設定する方法を試す。

  1. 検索ボックスから「ネットワーク接続の表示」と入力しエンターでコントロールパネルを開く。
  2. 接続しているネットワークアダプターを右クリックしプロパティを選択する。
  3. インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)をハイライトさせ(選択して)プロパティをクリック。
  4. 全般タブ内の「IPアドレスを自動的に取得する」にチェックが入っていることを確認する。
  5. すぐ下の「次のDNSサーバーのアドレスを使う」にチェックを入れ、優先DNSサーバーには「8.8.8.8」を、代替DNSサーバーには「8.8.4.4」を入力する。
    DNSサーバーのアドレスを使う

一度PCを再起動して問題が解決しているかどうかを確認する。

(参考:Microsoft

6. Ipconfig コマンドライン ツールを使用する

他の方法では、Ipconfig コマンドライン ツールを使用すると解決することがある。キャッシュクリアや、リフレッシュ、更新、書き換えなどを行うと接続の問題がある古いデータが取り除かれ問題が解決することがある。

Win + Xを開きコマンドプロンプト(管理者)を選択する。または検索ボックスに「cmd」と入力し検索結果に表示されているコマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」をクリックする。

コマンドプロンプトが開いたら以下の順に正確に入力してする。

  • netcfg -d
  • ipconfig /flushdns
  • ipconfig /registerdns
  • ipconfig /release
  • ipconfig /renew

一度PCを再起動して問題が解決しているかどうかを確認する。

7. コマンドプロンプトを使用してIP設定をリセット

次にコマンドプロンプトを使用してIPの設定のリセットを行う方法を説明する。

  1. 検索ボックスに「regedit」を入力しエンターを押してレジストリエディターを開く。
  2. 以下のキーに移動する。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\Nsi\{eb004a00-9b1a-11d4-9123-0050047759bc}\26
  3. 「26」キーの上で右クリックし、アクセス許可オプションを選択する。
  4. 「Everyone」のアクセス許可に「フルコントロール」と「読み取り」の両方の「許可」にチェックを入れて適用しレジストリエディターを終了する。
    レジストリエディタ アクセス許可
  5. コマンドプロンプトを管理者権限で起動し、以下のコマンドを入力する。
    netsh int ip reset

いくつかの項目がリセットに成功しました。と表示されコンピューターを再起動してこの操作を完了させてください。と表示されたら一度PCを再起動して問題が解決しているかどうかを確認する。

(参考:askvg

8. レジストリエディターでWindowsソケットのエントリを修正

最後に紹介する手順は、レジストリエディターを使用して手動でWindows Socketのエントリを修正する。

  1. レジストリエディターを開き、以下の2つをデスクトップなどにエクスポートしてバックアップする。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Winsock
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WinSock2
    Windowsソケットのエントリを修正
  2. 上記の2つをバックアップできたら削除する。
    Windowsソケットのエントリを修正2
  3. 削除後、こちら(Winsock.reg, Winsock2.reg)からダウンロードできるデフォルト設定のregファイルをダウンロードし、2つとも実行する。

一度PCを再起動して問題が解決しているかどうかを確認する。

(参考:kapilarya,temforum

まとめ

いくつかの解決方法を紹介したが、環境によってはどの方法でも解決できないことがあるかもしれない。

もし改善したとしても一時的であり、数時間~数日経つとまた同じ問題が発生するとの報告もある。

しかし、多くのユーザーは上記のどれかの方法で最終的には解決していることが多いようなので、初期化してしまう前に一度試してみると良いかもしれない。

 

 

– Ads & Featured Contrents –