AirDropを使って古いiPhoneから新しいiPhoneに写真を転送する方法

iPhone 6s, iPhone 6s Plusがリリースされてから、機種変更をしたユーザーも多いだろう。

デバイスが2つあれば、AirDropの機能を使って無線で写真やデータなどを簡単に移動・転送することができる。

 

例えば機種変更後、古いデバイスのバックアップを新しいiPhoneへ復元すると全てのデータが移されることになる。しかし、iCloudでバックアップの場合は5G制限のために、写真やビデオ以外のバックアップをとっており、その分しか新しいiPhoneへ復元できず、写真やビデオを復元できない場合がある。

このような場合にもAirDropを使えば旧デバイスから新デバイスへ直接簡単に転送できる、非常に便利な機能である。

 

受信側はAirDropをオンに

move-photos-to-new-device

先に説明した通り、AirDropを使用すると簡単にしかも素早くカメラロール内の写真を近くにあるデバイスに転送することができる。

転送の前に、AirDrop受信者はコントールセンターから、オン(全員または連絡先のみのどちらか)に設定する必要がある。

 

AirDropでiPhone内の写真を移動転送

  1. 受信側はコントロールセンターからAirDropをオン(全ての人)になっているか確認
  2. 送信側のデバイスから写真アプリを開き、カメラロールを開く
  3. 右上にある選択ボタンで、送信したい写真を選択する(複数可)。
  4. 左下の共有ボタンをタップしてAirDropマークの一覧に受信側のデバイスが表示されたらタップする

AirDropを使った転送方法だと、クラウドストレージからダウンロードする手間が省けるのもあり、ストレス無く転送可能だ。

あまり使うことがない機能ほど、忘れがちだが、いざというときは便利なものなので覚えておこう。

 

 

– Ads & Featured Contrents –