Googleの「バックアップと同期(Backup and Sync)」を使って自動的にPCのデータをバックアップ

Googleは2017年7月12日(現地時間)に、新たなバックアップツールである「バックアップと同期(Backup and Sync)」をWindowsとMac向けにリリースした。

Googleのバックアップツールと言えばGoogleドライブというイメージだが、「バックアップと同期」ツールは、GoogleドライブとGoogleフォトを統合したものであると考えるとイメージしやすい。実際にインストールして使ってみると、Googleドライブの機能であるローカルフォルダーやファイルの同期、そしてGoogleフォトの機能である写真や動画のアップロード、Googleフォト特有の縮小してアップロードも使用が可能となっている。

さらに、これまでのGoogleドライブではGoogleドライブフォルダーが作成され、そのフォルダーが同期される仕組みになっていたが、バックアップと同期では、それに加えてローカルのフォルダーを自由に選択してGoogleドライブにアップロードしバックアップ・同期してくれるのだ。

Googleドライブを今まで使っていたユーザーもそうでないユーザーも簡単な点順で導入できる。ここでは、新しくリリースされた「バックアップと同期(Backup and Sync)」のダウンロード・インストール方法と使い方を簡単に説明する。

※本記事は執筆時点の情報であり、今後の更新で異なる場合があることに注意していただきたい。

 

「バックアップと同期」のダウンロードとインストール

  1. バックアップと同期をダウンロード
    バックアップと同期のダウンロード

    Googleフォトまたは、Googleドライブのページにアクセスして、「バックアップと同期(Backup and Sync)」ツールをダウンロードすることが出来る。

  2. バックアップと同期をインストール
    インストールと再起動

    ダウンロードしたファイル「installbackupandsync.exe」(Macの場合はInstallBackupAndSync.dmg)をダブルクリックしてインストールを行う。

    しばらくしてインストールが完了したらPCを再起動する。

  3. バックアップと同期をインストールした後再起動
    Googleドライブからバックアップと同期へ

    再起動後にタスクバーを確認すると、「バックアップと同期」のアイコンが表示されている。もし以前にGoogleドライブを使用してい場合は、画像のように「Googleドライブの名称がバックアップと同期になりました」というメッセージが表示される。

「バックアップと同期」の設定

  1. バックアップと同期の設定を開く
    バックアップと同期アイコンと設定

    初めてバックアップと同期をインストールした場合は、アラートメッセージ内から「設定を開く」をクリックして設定を開くことができる。初めてではない場合もしくはアラートメッセージが表示されていない場合は、タスクバー(Macはメニューバー)上に表示されているバックアップと同期アイコンを右クリックし、「」アイコンから設定を開くことができる。

    バックアップと同期アイコンに表示されているボタン
    また、バックアップと同期アイコンを右クリックすると、設定ボタンの隣にいくつかのボタンが表示されており、①同期しているGoogleドライブフォルダーを開くボタン、②ウェブ上のGoogleドライブをブラウザーで開くボタン、そして③ウェブ上のGoogleフォトをブラウザーで開くボタンがあり、それぞれワンクリックですぐにアクセスすることが出来る。

  2. バックアップと同期のマイパソコンの設定
    マイパソコンタブ1(マイパソコン)

    これまでのGoogleドライブでは、PC上に作成されたGoogleドライブフォルダー内を同期してバックアップしていたが、「バックアップと同期」では、作成されたGoogleドライブフォルダー以外のフォルダーも指定して同期することができる。そのフォルダーを指定するのがこのマイパソコンでの設定となる。

    左側のパネルのマイパソコンタブが選択されていることを確認し、右側パネルのマイパソコンでGoogleドライブに同期・バックアップしたいフォルダーを選択する。

    左側のパネルのマイパソコンタブの「接続済みのフォルダ」が0になっている場合は、Googleドライブフォルダー以外は同期またはバックアップされていないという意味である。

  3. 写真と動画のアップロードサイズ
    マイパソコンタブ2(写真と動画のサイズ)

    マイパソコンタブで同期したいフォルダーを選択し、もしその中に写真や動画が含まれている場合は、Googleフォトのサービスでもある縮小してアップロードすることが出来る。
    写真と動画のアップロードサイズ」の下のドロップダウンメニューで以下のどちらかを選択することが出来る。

    高画質
    優れた画質を保ちながらファイルサイズを縮小。(無料、容量無制限)

    元の画質
    元の解像度で保存(容量をその分使う)

  4. 削除するアイテムの設定
    マイパソコンタブ3(削除するアイテム)

    「削除するアイテム」の設定では、パソコンからの操作でファイルを削除した場合に、オンラインのGoogleドライブ上(drive.google.com)ではどのように反映させるか、という設定である。

    すべての場所からアイテムを削除する
    パソコンか drive.google.com でファイルを削除すると、他の場所からもそのファイルが削除される。

    他の場所からアイテムを削除しない
    パソコンでファイルを削除しても、そのファイルは drive.google.com からは削除されない。

    すべての場所からアイテムを削除する前に確認する
    パソコンからファイルを削除した場合、他の場所からも削除するかどうかを確認するメッセージを表示する。

  5. Googleフォトの同期設定
    マイパソコンタブ4(GoogleフォトとUSBデバイス)

    「新たに追加された写真と動画をGoogleフォトにアップロード」にチェックを入れると、Googleフォトに連携し、自動的にマイパソコンで指定したフォルダーに画像や動画が含まれているとGoogleフォトにアップロードしてくれる。

    その下にある「USBデバイスとSDカード」をクリックすると、PCにUSBデバイスやSDカードを接続した場合に、その中のファイルをバックアップするかどうかの設定を行える。

  6. バックアップと同期のGoogleドライブの設定
    Googleドライブタブ

    Googleドライブタブでは、PC上に作成されているGoogleドライブフォルダーをまるごと同期するか、もしくは、Googleドライブフォルダーの中の一部を選択して同期するかの設定を行える。

    Googleドライブフォルダーのすべてを同期したくない場合は「マイドライブをこのパソコンに同期」のチェックボックスを外す。

    Googleドライブフォルダーのすべてを同期したい場合は「マイドライブをこのパソコンに同期」のチェックボックスにチェックを入れ、下の「マイドライブ内のすべてを同期」にチェックを入れる。

    Googleドライブフォルダーの一部だけを同期したくない場合は「マイドライブをこのパソコンに同期」のチェックボックスにチェックを入れ、下の「これらのフォルダのみ同期」にチェックを入れ、同期するフォルダーにチェックを入れて選択する。

  7. バックアップと同期の設定タブ
    設定タブ

    設定タブでは、現在使用中の容量や、アップグレード、接続の解除の他、以下のようないくつかの設定を行える。

    • 共有フォルダからアイテムを削除する際に警告を表示する
    • システム起動時にバックアップと同期を開く
    • ファイルの同期ステータスアイコンと右クリックメニューを表示
    • ネットワークの設定(プロキシ・帯域幅の設定)
    • アプリケーションをリセット

情報

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.