エクセルでドロップダウン(プルダウン)メニューを作成する方法[Excel]

表計算ソフトであるExcelは、かなり多くのユーザーに使用されているわけだが、僕はあまり使ったことがないので、これから少しずつ使い方や方法を調べ、個人用メモとして残していこうと思う。

とはいうものの、関数やマクロなんて全く出来ないため、かなり初歩的なことしか紹介できない。ということで、これから始めようと思っているユーザー向けの記事になるだろう。

 

もくじ

 

how-to-create-drop-down-menu-in-excel-0-1

ドロップダウンメニュー(プルダウンメニュー)を使うと、Excelのシート内のセルをクリックすると、あらかじめ登録しておいたいくつかの項目が候補として表示され、クリックで選択すると素早く項目を選択することが出来る。

 

これができると、わざわざセルにキーボードで入力する必要がなく、マウス操作だけで候補から選択することが出来るし入力ミスを防ぐこともできるのでとても便利だ。

 

Excel 2013/2016 の場合

  1. how-to-create-drop-down-menu-in-excel-1-1
    ドロップダウン用の項目を入力

    まずはドロップダウンメニューに表示させたい複数の項目を、あらかじめ別の場所に入力しておく。

    ここではA1からA5にかけて「リンゴ」、「オレンジ」、「イチゴ」、「メロン」、「バナナ」と入力した。

  2. how-to-create-drop-down-menu-in-excel-1-2
    データの入力規則をクリック

    次に、ドロップダウンメニューにしたいセルを選択した状態で、「データ」タブをクリックし、リボン内にある「データの入力規則」をクリックする。

  3. how-to-create-drop-down-menu-in-excel-1-3
    入力値の種類の選択

    データの入力規則の設定ウィンドウが表示されたら、条件の設定にある入力値の種類を「リスト」に設定する。

  4. how-to-create-drop-down-menu-in-excel-1-4
    元の値を選択または入力する

    データの入力規則の設定ウィンドウの下部にある「元の値」にプルダウンメニューに適用させたい項目を選択する。

    元の値の入力欄の右にあるグラフのアイコンをクリックし、Step1で入力したA1-A5の「リンゴ」、「オレンジ」、「イチゴ」、「メロン」、「バナナ」をドラッグして全て選択する。

    選択後はエンターまたは再びグラフのアイコンをクリックする。

  5. how-to-create-drop-down-menu-in-excel-1-5
    OKボタンをクリックし動作確認

    「OK」ボタンをクリックしてデータの入力規則の設定ウィンドウを閉じる。

    すると、ドロップダウンメニューを作成するためのセルの右側に下向きの矢印(▼)が表示されている。これをクリックするとドロップダウンメニューとして登録した5つの項目が表示されるはずだ。

その他・予備知識

  1. how-to-create-drop-down-menu-in-excel-2-1
    名前の定義を使うと便利

    ドロップダウンメニューに登録する項目をまとめて名前を定義すると、データの入力規則の元の値を簡単に入力できる。

    1. ドロップダウンメニューに登録する項目をすべて選択し、右クリックメニューから「名前の定義」を選択する。
    2. 名前をなんでも良いので入力して定義する。(今回はフルーツと入力。)
    3. ドロップダウンメニューにしたいセルのデータの入力規制の元の値の入力欄に、「=フルーツ」と入力する
  2. how-to-create-drop-down-menu-in-excel-2-2
    元の値はカンマ区切りで直接入力可

    ドロップダウンメニューのセルのデータの「入力規制>元の値」の入力欄には、「リンゴ,オレンジ,イチゴ,メロン,バナナ」のように、カンマ区切りで直接入力することができる。

    もしドロップダウンに使用したい項目が5個以下など、少ない値なのであれば、直接入力したほうが良いかもしれない。

    またその場合、あらかじめ別の場所に入力しておいたA1からA5の項目は不要となる。

  3. how-to-create-drop-down-menu-in-excel-2-3
    その他のデータの入力規則の設定

    入力時メッセージ
    ドロップダウンメニューのセルをクリックすると、タイトルとメッセージを表示させることが出来る。

    エラーメッセージ
    ドロップダウンメニュー以外の文字が入力された場合にエラーメッセージを表示させることが出来る。スタイル、タイトル、エラーメッセージを任意で設定する。

    日本語入力
    ドロップダウンメニューのセルをクリックした時に、ひらがなやカタカナなど、IMEの設定を切り替えることが出来る。

    今回はドロップダウンなので特に不要だが、ドロップダウンメニューではない場合で、特定のセルには全角カタカナを入力したい場合には、「全角カタカナ」を選択する。すると、特定のセルをクリックした瞬間にIMEがカタカナ入力モードに自動的に切り替わってくれるというものである。

出典または引用