Vidyo! – App Storeからインストールできる画面録画ユーティリティ

*追記: 1月8日、App Storeからのリジェクトを確認しました。*

 

App Storeに革命児が登場しました。脱獄なしで画面録画が出来るアプリ、Vidyo!の紹介です!

Vidyo!
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ¥600

正直、驚きを隠せません。画面録画は、脱獄環境であればDisplayRecorder、AppStore以外ならshouなど可能でした。しかし純正で出来るのは安心!随分と前、同じような画面録画アプリがApp Storeにリリースされましたがすぐに消されました。このVidyo!もいつ消されるかわかりませんので、欲しい方はすぐ買ってしまうことをお勧めします!ちなみに録画機能だけならDisplayRecorderよりも高性能です。

 

オプション説明

vidyo-ios-screen-capture-on-appstore01

まずはVidyo!を開きます。

Audio Source

Device Audio…システム音(端末から出る音)を録音

iPhone マイク…マイクからの音(自分の声などの外部音)を録音

Video Source

Device Screen…画面録画

Back Camera…外カメラで録画

Front Camera…内カメラで録画

 

好きにオプションを構成できます。ただ画面録画だけではなく、好きな曲と一緒に外カメラで録画…なんてことや、Back Cameraだけをオンにして音なし動画などもできるようです。

 

vidyo-ios-screen-capture-on-appstore02

Output Options

Device Resolusion…画質の設定

Device Max FPS…FPSの設定

Keep Track Files…撮った動画や音声ファイルを他ツール/他アプリで編集出来るようにする/しない設定

 

画面を録画する

Device Screenを含んだ設定をして、右上のStartを押します。

vidyo-ios-screen-capture-on-appstore03

すると手順説明になるので、右下のDoneを押します。英語が読める方は、左にスワイプすることで詳しい手順がわかります。今回はこの記事で説明するので無視しても構いません。

 

vidyo-ios-screen-capture-on-appstore04

Vidyo Ready!となり、画面録画の準備が整いました。Doneを押してアプリを閉じます。

 

vidyo-ios-screen-capture-on-appstore05

コントロールセンターを開き、AirPlayをタップします。

 

vidyo-ios-screen-capture-on-appstore06

Vidyo [iPhoneの名前]という選択が増えているので、これを選択してDoneをタップ。

 

vidyo-ios-screen-capture-on-appstore07a

AirPlayがVidyoのものになっていればOKです。

 

vidyo-ios-screen-capture-on-appstore08

ステータスバーが青くなっている間は画面が録画されています。

 

vidyo-ios-screen-capture-on-appstore09

録画が終わったら、AirPlayからiPhone スピーカーに切り替えます。これで録画が完了し、自動的に写真アプリ内に入ります。最初は写真へのアクセスが問われますが許可してください。

 

vidyo-ios-screen-capture-on-appstore11

この画面録画はVidyo!が起動している間だけ有効です。加えると、Vidyo Ready!のDoneを押した後はコントロールセンターのAirPlayリストで選択するだけで何度でも録画できます。

 

終わりに

DisplayRecorderではマイクからでしか音が入らないので、システム音が入るVidyo!は便利ですね!画面録画だけでなくいろいろな使い方が出来るので、600円の価値は充分にあると思われます。すごく気に入りました!

Image via App Store – Vidyo!

– Ads & Featured Contrents –