appheads

AppHeads : マルチタスクを強化するTweak。アップデートしてさらなる進化 [脱獄アプリ]

数ヶ月前にリリースされたAppHeads。斬新なスタイルのマルチタスクスイッチャーTweakであるが、新たなアップデートで多くあったバグが改善され、さらなる新機能が追加されている。

 

※本記事は脱獄(Jailbreak)iOSデバイス向けの記事です。脱獄していないデバイスでは動作しません。

 

AppHeadsはCydia,BigBossから$4.99でダウンロードできる。

 

AppHeadsはこれまでになかった新スタイルのマルチタスクスイッチャーを実現した。Facebookメッセンジャーに近いスタイルで、バックグラウンドで起動しているアプリは画面の端で丸いアイコンとなって常駐してくれるとうものだ。

 

アップデートでは、このスタイル以外にもロックモードと呼ばれる右に配置されている小さなウィンドウ上でマルチタスク管理ができるというモードも追加されている。

 

その他、小さな機能や多くのバグが改善されてさらに使いやすくなっているようだ。設定項目もかなり多くあり、$4.99だけあって細かなところまで設定できるようになっている。

 

日本語ファイル(MediaFire)

AppHeadsは現在のところ英語表記となっているが、日本語にしたい場合は上記のファイルをダウンロードして解凍し、ja.lprojフォルダ

/Library/PreferenceBundles/AppHeadsSettings.bundle/」に配置する。

すでにja.lprojフォルダが存在していたが、中身は日本語だった。存在しているということは日本語も近い内のアップデートで公開されるかもしれないが、それまでのつなぎとして使っていただくと良いかもしれない。配置後の再起動もお忘れなく。日本語ファイルをiFileで配置する方法は以下のリンクを参考にしていただきたい。

iFileを使ってTweakの日本語ファイルを入れる方法 

 

– Ads & Featured Contrents –