magiccolor

MagicColors : iPhoneのラベルやステータスバー、ロック画面の色を変更 [脱獄アプリ]

iPhoneやiPad, iPod Touchのいくつかのフォントカラーを変更することができるTweak「MagicColors」。

 

この脱獄アプリをしようするとステータスバーに配置されているシグナルカラーやバッテリーカラー、その他ロック画面の色やホーム画面にあるアプリアイコンの名前の色を変更することができる。

 

その他、ロック画面やステータスバーに配置してあるものを表示/非表示にすることができる設定も可能だ。

 

※本記事は脱獄(Jailbreak)iOSデバイス向けの記事です。脱獄していないデバイスでは動作しません。

 

MagicColorsはCydia、ModMyi.comより無料でインストールすることが出来る。インストールすると設定アプリないからいくつかの設定が可能となっている。設定項目にはMagicColorとなっており「s」がない項目である。

 

ステータスバー

設定項目からステータスバーの設定では、配置されるバッテリーカラーやシグナルカラーなど、個別に色を変更することができる他、充電マークを常時表示させることができたり、時計を非表示にしたりなど、いくつかの表示設定を変更できる。

 

ホーム画面

ホーム画面の設定も可能となっており、色をツートーンカラーに変更することができる。ホーム画面ではアイコンラベルの非表示とページのドットの非表示も設定可能となっている。

 

ロック画面

ロック画面の設定では多くのアイテムの表示/非表示を設定することが出来る。変更を適用するにはリスプリングが必要となっているので、設定項目のはじめにあるリスプリングボタンで再起動しておこう。

 

日本語ファイル

MagicColorsは英語表記となっているが、日本語にしたい場合は以下のファイルをダウンロードして解凍し、ja.lprojフォルダを「/Library/PreferenceBundles/magiccolorPrefs.bundle/」に に配置する。

配置後の再起動もお忘れなく。

日本語ファイル(MediaFire)

日本語ファイルをiFileで配置する方法は以下のリンクを参考にしていただきたい。

iFileを使ってTweakの日本語ファイルを入れる方法 

 

このTweakについてどう思いますか?以下のコメント欄より意見をお聞かせ下さい。

 

 

 

– Ads & Featured Contrents –