Flurry:各所のボカシ具合を好みに調整 [脱獄アプリ]

こんにちは、ライターのE-Kです。

 

今回はiOS内の各所にあるボカシを自分好みにカスタマイズできるFlurryを紹介する。「ぼかしを消すとそっけない…だけど純正のぼかしはいや!」といった人にぴったりのtweakである。また、設定方法も二種類あり、無料とは思えないtweak。

※本記事は脱獄(Jailbreak)iOSデバイス向けの記事です。脱獄していないデバイスでは動作しません。脱獄や脱獄後に関しては以下のリンクを参考にして下さい。

脱獄Q&A : 脱獄(JailBreak)とは?よくある質問や脱獄後の質問など

Flurry

iOS内各所に多用されているぼかし。NoBlurなどを使い無効化している読者も多いだろう。だが、Flurryを使用すると、そのぼかしを自由自在に調整できる。しかも非常に弄れる部分が多い。 これを使ってみると、ぼかしを消すのはもったいない、と思えてくる。

imageimage

見よ!この美しいぼかし!!

また、Sleek系やQuartz系などとの相性もよし。

image

 

image

弄れる部分もかなりの多さ

設定方法

設定アプリ>Flurry>Blacklist Applicationsから設定を適応させたくないアプリを選べる。その他細かい設定方法は2つあるので、下で紹介する。設定アプリ>Flurry>Modeから選べる。Flurry>Optionsから細かい設定。

 Simple

その名の通り、シンプルな設定方法。全てのぼかしを一括で調整する。あまりこだわりがなく、簡単に設定したい人向け。

image

一気に設定。

各スライダーの上のOverrideから設定を有効に。また設定後はリスプリングが必要。各スライダーの意味は

BLUR:ぼかしの強さ(右に行くとぼかしが強く)

COLOR TINT ALPHA:色の透明度

GRAYSCALE TINT ALPHA:白黒の強さ(右に行くと黒く)

GRAYSCALE TINT LEVEL:白黒の明るさ(右に行くと明るく)

SATURATION DELTA FACTOR:色の濃さ(右に行くと濃く)

また上のBlack List Elenentsから適応させたくない部分も選べる。

 Advanced

各部分のぼかしを個別に細かく調整できる設定方法。Flurry>設定したい部分>のスライダーで調整。

image

ここから個別に。

各スライダーの意味は上と同じく、

BLUR:ぼかしの強さ(右に行くとぼかしが強く)

COLOR TINT ALPHA:色の透明度

GRAYSCALE TINT ALPHA:白黒の強さ(右に行くと黒く)

GRAYSCALE TINT LEVEL:白黒の明るさ(右に行くと明るく)

SATURATION DELTA FACTOR:色の濃さ(右に行くと濃く)

 

 

このTweakについてどう思いますか?以下のコメント欄より意見をお聞かせ下さい。

 

– Ads & Featured Contrents –