OpenSettings : TaiG 2で脱獄後、脱獄アプリの設定をPreferenceLoader無しで行なう [脱獄アプリ]

TaiG 2で脱獄後、多くのTweakがまだiOS 8.3脱獄環境に対応していない。

設定アプリ内に表示するはずの脱獄アプリの設定項目も表示されない状態であるが、良いニュースが入った。Substrateを必要とせず、脱獄アプリの設定を行なうことが出来るTweakが公開されている。

 

追記:

TaiGがアップデートしたので本記事の手順の必要はありません。以下のリンクを参考にして下さい。

TaiGがアップデートリリースしバージョン2.1へ

Substrateが対応していない為

これはTweakが動作するために必要であるCydia Substrate(Mobile Substrate)自体が対応していないためだ。逆に言えばCydia SubstrateがiOS 8.3に対応すれば多くのTweakがiOS 8.3に対応するだろうと考えられる。

 

しかしいくつかの脱獄アプリではCydia Substrateを必要せず動作するために脱獄デバイスで使用することが出来る。

多くのTweakでは設定アプリ内から脱獄アプリの設定を行なっているが、設定アプリ内に脱獄アプリの設定を表示させるTweakである「PreferenceLoader」までもがCydia Substrate依存であるため、設定アプリ内に脱獄アプリ設定を表示させることができない状態である。

 

OpenSettings

記事タイトルにはPreferenceLoader無しでと書いてしまったが、厳密には「PreferenceLoaderが機能するように」ということだそうだ。

そして事前に注意しておきたいこととして、残念ながら64bit以降では互換性がないため、iPhone 5s以降のデバイスは動作しない。

 

手順1.

以下のリンクからOpenSettingsをデバイスにインストール
http://coolstar.org/org.coolstar.opensettings_0.0.1-13_iphoneos-arm.deb
(PCからダウンロードし、iFunboxなどを使用して任意の場所に挿入し、iFileからでもインストールできる。そのほかSSH接続で挿入することも出来る。)

OpenSettingsをiFunboxで挿入しiFileでインストールする
Rawシステム以降が表示されないという場合は、事前にAFC2をインストールしておく必要がある。こちらのリンクを参考に。

手順2.

ターミナルアプリ(CydiaにあるMTerminalやiOS Terminalなど)で
uicache“と入力しキャッシュを削除する

手順3.

設定アプリの代わりにOpenSettingsを起動させて設定を行う

 

CoolStar氏が述べる通りiPhone 5s/6 またはarm64デバイスでは動作しないとのことだ。また64bitデバイスでもインストールは可能だが、開くとクラッシュするようだ。

 

 

– Ads & Featured Contrents –