TaiGがアップデートしバージョン2.2.1へ。しかしバグが多いとの報告も。

つい数日前にリリースされたiOS 8.1.3からiOS 8.4の脱獄ツール「TaiG」が立て続けにアップデートをおこなっている。

 

iOS 8.4の脱獄ができるようになったものの、いくつかのバグが残っている状態でその都度修正を行っているようだ。

今回の修正はセキュリティ上のバグを修正したバージョンとのことだが、TaiG2.2.1にアップデート後、Cydiaが開かなくなってしまうバグが発生しているとのこと。

 

TaiG v2.2.1

taig211

  • TaiG 2.2.1ではsetreuidパッチを修正し、脱獄の成功率が向上します
  • TaiG 2.2.0で脱獄しているユーザーはTaiG 8.1.3-8.x UntetherをTaiG(apt.taig.com)もしくは3K(apt.3kzhushou.com)のソースを追加してアップデートして下さい。再脱獄の必要はありません
  • 脱獄前にデータのバックアップを行なって下さい
  • 脱獄前にパスコードをオフにしてiPhoneを探すを無効にして下さい
  • 脱獄に失敗した場合はWiFiをオフにし再試行して下さい。さらに失敗する場合は復元後に再脱獄してください
  • TaiG 2.2.1はiOS 8.1.3 ~ iOS 8.4の完全脱獄ツールです。現在iOS 8.4は比較的安定しています。

 

ダウンロード

TaiG 2.2.1は以下のリンクからダウンロードできる。現在TaiG 2.2.1にアップデートするとCydiaが起動しないというバグの報告が目立っているため、このバージョンは控えたほうが良いかもしれない。脱獄は自己責任でお願いする。

TaiG 2.2.1 (英語)

TaiG 2.2.1 (中国語)

もし脱獄してCydiaが開けないバグが発生した場合は以下のdebファイルをiFileなどで再インストールすると解決するとのことだ。

cydia_1.1.18_iphoneos-arm.deb

 

リンク

TaiG公式リンク

 

脱獄手順についてはこれまでと同じなので以下のリンクを参考に。Windows 64ビットで起こっていたドライバーの問題も記事内のリンクからドライバーをダウンロードすると認識してくれるのでわざわざiTunesのダウングレードは必要ないとのことだ。

 

– Ads & Featured Contrents –