iOS 8.4.1とiOS 9が署名停止。現在iOS 9.0.1、iOS 9.0.2の2つが署名中

Appleは本日iPhone, iPad, iPod touch用のiOS 8.4.1とiOS 9の署名を同時に停止した。これまでは1つずつ停止されていたので、珍しいパターンである。現在署名中であるファームウェアはiOS 9.0.1, iOS 9.0.2の2つとなる。

iOS 9では多くの不具合が報告されており、iOS 9.0.1, iOS 9.0.2と相次いでアップデートが公開されていた。

iOS 8.4.1の署名が停止された現在はiOS 8.4.1へのダウングレードが不可能となっている。

現在署名中はiOS 9.0.1とiOS 9.0.2までの2つ

Appleは先ほどiOS 8.4.1の署名を停止した。現在署名中であるものはiOS 9以降のものとなる。

iOS 9がリリースされてから不具合やバグを訴えているユーザーが非常に多く、ダウングレードを試みるユーザーが目立っていた。

iOS 9.0.1はバグが多いiOS 9の修正版と言われているが、未だ完全に全てのバグが修正されているわけでもなさそうだ。

iOS 8.4.1へのダウングレードが不可

署名中であるiOSバージョンのみダウングレードやアップグレードが可能であるため、以降はiOS 8.4.1へのダウングレードが不可能となる。

 

脱獄ユーザーは

現在脱獄できるバージョンはiOS 8.4までとなっている。現在ダウングレードすることができない為、しばらく待機が続きそうだ。また、以下のページからAppleの署名状況をリアルタイムで確認できる。

iOS 9の脱獄ツールはほぼ完成していると言われているが、iOS 9のバグや不具合が安定してからのリリースとなることが予想されている。

 

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.