The global shader cache fileエラー

PUBGが起動できない「The global shader cache file…」エラーが表示される問題

近頃とても人気のSteamのゲーム「PUBG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)」をプレイしていると、起動できないという報告がいくつかあるようだ。この問題は特に数日前から起こっていることが多いようだ。

PUBG以外にも13日の金曜日(Friday the 13th: The Game)というSteamゲームでも同様のエラーの報告があるようだ。

あまりゲームやこういったジャンルに詳しくないが、いくつかの情報と解決策または対処法をまとめたのでここにメモしておく。

症状とエラー内容について

The global shader cache fileエラー
imgur

The global shader cache file ‘C:/Program Files

(x86)/Steam/steamapps/common/PUBG/Engine/GlobalShaderCache-PCD3D_SM4.bin’ is missing. Your application is built to load COOKED content. No COOKED content was found; This usually means you did not cook content for this build. It also may indicate missing cooked data for a shader platform(e.g., OpenGL under Windows): Make sure your platform’s packaging settings include this targeted RHI.

Alternatively build and run the UNCOOKED version instead.

Steamで人気のゲームPUBGを起動しようとすると、突然上記のようなエラーが発生する。同じくSteamのゲームである13日の金曜日の場合は、上記のエラーの「PUBG」の部分が「F13Game」に変わって表示されている。

このエラーが発生してしまいゲームをプレイすることが出来ないという報告がいくつかある。

原因は…?

PUBGの動作環境・システム要件
PUBGの動作環境・システム要件

いくつかの情報によると、PUBGや13日の金曜日はDirectX 11がシステム要件に含まれており、これが原因であるという報告がある。しかし、DirectX 11はWindows7から適用されており、その場合「dxdiag」コマンドで現在インストールされているDirectXのバージョンを確認しても、やはりDirectX 11が適用されている。

実際の原因としては、使用しているグラフィックボード(カード)がDirectX 11に対応していないという場合に発生することがほとんどのようだ。

対処法・対策

DirectX 11に対応している
もし使用しているグラフィックボード(カード)がDirectX 11に対応しているのであれば、ドライバの更新をする。

DirectX 11に対応していない
使用しているグラフィックボードがDirext X 11に対応していないのであれば、残念ながらグラフィックボードを交換する必要があるかもしれない。

PUBGに関してではあるが、DirectX 11エミュレーターのようなもので起動に成功した人もいるが、ゲーム内で10FPS以下で安定せず、本質的にプレイすることはできなかったとのこと。

DirectXのバージョンとグラフィックボードの確認

DirectX診断ツール

使用しているDirectXのバージョンやグラフィックボードを確認するには、Win+Rキーで「dxdiag」と入力してDirectX診断ツールの「システム」タブでDirectXバージョンを確認することができる。

さらに「ディスプレイタブ」で使用しているグラフィックボードの名前・種類も確認することが出来る。

グラフィックボードがDirectX 11に対応しているかの確認

使用しているグラフィックボードがDirectX 11に対応しているかどうかを確認するには、公式ページの検索バーにグラフィックボード名を入力して確認することができる。

参考・情報

更新履歴

  • DirectX 11に対応している項目でNIVIDA、AMD、Intelそれぞれのドライバーダウンロードリンクを追記 (2017/08/16)

 

 

 

 

– Ads & Featured Contrents –