kaboompics.com_White laptop on a green leaves

Macでスクリーンショットを撮る5つの方法

OS Xでスクリーンショットを撮る方法は標準の方法を含め、サードパーティ製アプリを使用も使用すると数多く存在する。もちろんそれぞれ利点や欠点がある。

 

ここではOS Xでスクリーンショットを撮ることができるいくつかの忘れがちな方法を紹介する。

①ショートカットキーを使用したスクリーンショットの撮り方

macでは以下の様ないくつかのショートカットキーを押すことでスクリーンショットを撮ることが出来る。

 

command + shift + 3

macで画面全体をスクリーンショット

このキーボードショートカットは、画面全体のスクリーンショットを撮り、PNG画像としてデスクトップ上に保存する。

 

command + shift + 4

macで選択範囲をスクリーンショット

このショートカットでは画面の一部を選択し、選択した部分だけスクリーンショットを撮ることが出来る。

これらのキーを押すと、カーソルが十字線に変わり、マウスを使用して画面上をドラッグすることができる。

スクリーンショットを撮りたいエリアを選択し、ドラッグしているマウスボタンを離すとスクリーンショットはデスクトップに保存される。キャンセルしたい場合はエスケープキー(esc)を押すとできる。

 

command + shift + 4 + スペースキー

macで指定したウィンドウをスクリーンショット

特定のアプリケーションウィンドウをキャプチャしたい場合はこの4つのショートカットキーを押す。

カーソルがカメラアイコンに変更し、現在のウィンドウが強調表示される。別のウィンドウのスクリーンショットを撮りたい場合はカメラアイコンのカーソルを撮りたいウィンドウ上へ移動させる。

最後にクリックするとスクリーンショットを撮ることができる。
また、サイド十字線の範囲選択のスクリーンショットに戻すには再度スペースキーを入力すると戻る。

 

その他のコントロール

  • 上記の3種類の組み合わせに[control]キーを追加することでスクリーンショットだけでなく、そのスクリーンショットをクリップボードに転送させることができる。
    例)control + command + shift + 3
  • 範囲を選択してスクリーンショットを撮る場合にshiftキーを押しながら選択するとx軸またはy軸を固定させながら範囲選択ができる。
  • 範囲を選択してスクリーンショットを撮る場合にoptionキーを押しながら選択すると選択範囲中央を固定させながら範囲選択ができる。
  • 範囲を選択してスクリーンショットを撮る場合に、範囲選択はスペースキーを押しながらドラッグすると移動させることが出来る。

 

ターミナルでスクリーンショットをカスタマイズする

スクリーンショットは一部の動作をターミナルで変更することができる。スクリーンショットを多用する場合は非常に効率が良くなる。

スクリーンショットのファイルの種類を変更する

通常スクリーンショットはPNG形式で保存されるが、以下のコマンドを入力することでその他の形式で保存することが出来る。

まずはアプリケーションからユーティリティへと進み、ターミナルアプリを開く。

ターミナルアプリで以下のコマンドを入力する。[タイプ]には設定したい任意の種類(jpgやgif、tifなど)を入力する。

defaults write com.apple.screencapture type [タイプ] && killall SystemUIServer

以下例)

defaults write com.apple.screencapture type jpg && killall SystemUIServer

 

スクリーンショットの保存場所を変更する

通常、スクリーンショットはデスクトップ上に保存されるが、以下のコマンドを入力することでその他の保存場所へ変更することが出来る。
アプリケーションからユーティリティへと進み、ターミナルアプリを開く。

ターミナルアプリで以下のコマンドを入力する。[パス]には保存先にしたい任意の場所を指定する。

defaults write com.apple.screencapture location [パス] && killall SystemUIServer

以下例)

defaults write com.apple.screencapture location /Users/Pey/Documents/Screenshots && killall SystemUIServer

また、[パス]はフォルダをドロップすることで入力が可能となっているため、defaults write com.apple.screencapture location まで入力後、フォルダをドロップするとパスを入力することが出来る。

 

スクリーンショットでウィンドウの影を無効にする

OS Xではウィンドウのスクリーンショットを撮るとウィンドウ周りに影が表示されている。この影も以下のコマンドを入力することで非表示にすることができる。
アプリケーションからユーティリティへと進み、ターミナルアプリを開く。

ターミナルアプリで以下のコマンドを入力する。

defaults write com.apple.screencapture disable-shadow -bool true && killall SystemUIServer

再度シャドウを有効にする場合は以下のコマンドを入力する。

defaults write com.apple.screencapture disable-shadow -bool false && killall SystemUIServer

 

スクリーンショットでデフォルトのファイル名を変更する

キーボードのショートカットキーでスクリーンショットを撮った場合、画像ファイル名は「スクリーンショット 2015-01-01 01.23.45」のようなファイル名である。

これらのファイル名も以下のコマンドを入力することで変更できる。
アプリケーションからユーティリティへと進み、ターミナルアプリを開く。

ターミナルアプリで以下のコマンドを入力する。[ファイル名]には保存先にしたい任意の名前を入力する。

defaults write com.apple.screencapture name [ファイル名] && killall SystemUIServer

以下例)

defaults write com.apple.screencapture name “イメージ” && killall SystemUIServer

 

②グラブを使用したスクリーンショットの撮り方

上記のキーボードショートカットに加えて、OS Xは、スクリーンショットを撮ることができるグラブと呼ばれるアプリが含まれている。

アプリケーション、ユーティリティ、グラブアプリ

グラブを開くには、アプリケーション > ユーティリティ または、Spotlight検索機能で検索できる。グラブを開くと新たなウィンドウなどは表示されないがいくつかのメニューが表示されていることがわかるはずだ。

グラブアプリでスクリーンショットを撮る

[取り込み]メニューには上記のようなオプションに対応する「選択部分」「ウインドウ」「スクリーン」が表示されている。そして4つ目に表示されている「タイマー」は、クリックすると10秒後に画面全体のスクリーンショットを撮ることが出来るオプションである。

また、スクリーンショットに表示されるカーソルの種類をグラブの環境設定から変更できる。

 

スクリーンショットをキャプチャした後は、編集メニューからコピーすることでクリップボードにコピーすることが出来る。クリップボードにコピーした後はPhotoshopやその他編集ツールに貼り付けることが出来る。

 

③プレビューを使用するスクリーンショットの撮り方

グラブの欠点の1つは、ファイルの種類を変更する方法がないことである。スクリーンショットしたものはファイルの種類を選択できずTIFFファイルとして保存されてしまう。

しかし、プレビューを使用する場合は任意のファイルの種類を選択して保存することが出来る。

macのプレビューアプリを起動させる

プレビューアプリはアプリケーションから起動させることが出来る。

プレビューアプリでスクリーンショットを撮る

プレビューでスクリーンショットを撮るには[ファイル]メニューから[スクリーンショットを撮る]へ進み、「選択部分」「ウインドウ」「画面全体」の3つから選択する。残念ながらグラブとは違いタイマー機能はない。

スクリーンショットを撮った後は場所とファイル・タイプを選択して保存することができる。

 

④その他のAppleのアプリを使用する撮り方

メールやテキストエディットなどのAppleプログラムでは、あらかじめ保存してある画像や探す必要はなく、そのままスクリーンショットをドキュメントに埋め込むことが出来る。

テキストエディットでスクリーンショットを撮る

方法は簡単でドキュメント上で右クリックし、下部に表示されるキャプチャーメニューから任意の方法でスクリーンショットを撮ることが出来る。

テキストエディットでリッチテキストにする

テキストエディットではフォーマットをリッチテキストモードに設定する必要があり、[フォーマット]メニューから「リッチテキストにする」を選択する。

 

また、デフォルトではスクリーンショットのオプションが少ないが、以下の設定でオプションを増やすことが出来る。

[システム環境設定] > [キーボード] > にあるショートカットタブへすすむ。

システム環境設定からショートカットを編集する

[サービス]にあるピクチャ項目のチェックを追加することでスクリーンショットのオプションを増加させることが出来る。

 

⑤サードパーティ製アプリを使用したスクリーンショット

上記の他に、サードパーティ製のアプリを使用する方法でもスクリーンショットを撮ることが出来る。

Skitch

Skitch-for-mac

無料アプリということもあり、かなり多くのユーザーに使われる人気の画像編集アプリである。Windows版もあり、画像上に矢印やコメントなどを素早く入力することができ、複雑なオプションなどはなく非常にシンプルである。

https://evernote.com/intl/jp/skitch/

 

Jing

Jing-for-mac

Jingはも無料でインストールすることができ、スクリーンショットやビデオを撮ることができる。撮ったものはクラウド上に簡単にアップロードすることができ、比較的簡単なインターフェイスのアプリである。

https://www.techsmith.com/jing.html

 

Monosnap

Monosnap-for-mac

こちらも無料のスクリーンショットアプリ。Monosnapもスクリーンショットを撮った後編集を行なうことが出来る。Skitchと似た感覚でスクリーンショットを撮ってすぐに編集を行なうことができ、矢印やコメントなどを素早く入力できる。

https://monosnap.com/

 

Top img:kaboompics.com

 

– Ads & Featured Contrents –