how-to-disable-and-enable-raise-to-wake-ios10

iOS10で「手前に傾けてスリープ解除」を無効または有効にする方法

iOS10の新機能で「手前に傾けてスリープ解除」というものがある。この機能は、デバイスがロックされている(スリープ)状態で、iPhoneを手前に傾けるだけでスリープが自動的に解除されるというものである。

iOS9まではこういった機能は存在しなかったが、iOS10にアップデートすると、デフォルトでオンになっているため不思議に思うユーザーも少なくない。

 

ここでは、iOS10の新機能である「手前に傾けてスリープ解除」を簡単に説明する。

「手前に傾けてスリープ解除」は、以下のデバイスまたはそれ以降のデバイスのみ利用可能。(執筆時点)

「手前に傾けてスリープ解除」機能が利用可能なデバイス

  • iPhone SE
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus

 

関連リンク:

 

手前に傾けてスリープ解除をオフにする方法

  1. how-to-disable-and-enable-raise-to-wake-ios10-1
    1
    設定>画面表示と明るさ

    ホーム画面上にある設定アプリを開き、少し下にスクロールし「画面表示と明るさ」を選択する。

  2. how-to-disable-and-enable-raise-to-wake-ios10-2
    2
    「手前に傾けてスリープ解除」をオフ

    次に、「手前に傾けてスリープ解除」の右にあるスイッチをタップまたはスワイプしてオフにする。スイッチをオフにした後は、手前に傾けても自動的に画面がつくようなことはなくなる。

手前に傾けてスリープ解除をオンにする方法

  1. how-to-disable-and-enable-raise-to-wake-ios10-1
    1
    設定>画面表示と明るさ

    ホーム画面上にある設定アプリを開き、少し下にスクロールし「画面表示と明るさ」を選択する。

  2. how-to-disable-and-enable-raise-to-wake-ios10-3
    2
    「手前に傾けてスリープ解除」をオン

    次に、「手前に傾けてスリープ解除」の右にあるスイッチをタップまたはスワイプしてオンにする。スイッチをオンにした後は、スリープ状態で手前に傾けると自動的に画面がつくようになる。

 

– Ads & Featured Contrents –