Windows 10で高速スタートアップを無効にする方法

高速スタートアップ(ハイブリッド・ブート)はPCをシャットダウンした後に高速で起動させることが出来るWindowsの機能で、デフォルトで有効になっているものである。

Cold_HybridBoot

これはWindowsがシャットダウンする時にhiberfil.sysファイルにシステム情報を保存することで再びPCを起動させるときに高速で起動できるという仕組みと言われている。

Windows 10にアップグレードしてから、この高速スタートアップを有効にしていると画面が真っ暗になり表示されないという問題がいくつか報告されている。真っ暗になってしまってはここで紹介する手順を行うことはできないが、もし画面が表示されているのであれば以下の2通りの手順で高速スタートアップを無効にすることができる。

ここで説明する高速スタートアップを無効にする手順では、管理者権限が必要であるため注意してほしい。

関連記事

高速スタートアップを無効/有効にする方法

Windows 10でハイブリッド・ブートまたは高速スタートアップを有効/無効を切り替えるには以下で紹介する2つの方法がある。どちらでも可能だが、1つはBATファイルを用いた変更方法であるため、自己責任でお願いする。

 

方法1. システム設定でオフまたはオンにする

  1. コントロールパネルを開き電源オプションをクリックする。(表示方法は大きいアイコン)
  2. 電源ボタンの動作を選択する」をクリックする。
    how-to-turn-off-fast-start-up-on-windows-10-1
  3. 現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックする。
    how-to-turn-off-fast-start-up-on-windows-10-2
  4. 下へスクロールし、シャットダウン設定の項目にある「高速スタートアップを有効にする」のチェックボックスを外し、変更の保存をクリックする。
    how-to-turn-off-fast-start-up-on-windows-10-3
    高速スタートアップを有効にする項目が表示されていない場合は、一度システム設定ウィンドウを閉じる必要がある。その後休止状態を有効にした後、再びステップ1からやり直す必要がある。
  5. 再び有効にしたい場合は同じ手順で高速スタートアップを有効にするのチェックボックスにチェックを入れた後、変更を保存をクリックする。

 

方法2. BATファイルを使用してオフまたはオンにする

BATファイルを使用して高速スタートアップを無効にすることもできる。以下のリンクからBATファイルをダウンロードして管理者として実行するだけで簡単に変更を行うことが出来る。

無効にする場合

以下からBATファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルを右クリックし、管理者として実行を行うだけで無効にすることができる。

download

 有効にする場合(デフォルト設定)

再度デフォルトに戻したい場合は、以下からBATファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルを右クリックし、管理者として実行を行うだけで無効にすることができる。

download

上記のファイルは右クリックし管理者として実行しなければ適用されないので注意が必要だ。

 

レジストリに変更を加えて手動でオンまたはオフにする

また上記のダウンロードして変更する内容は手動で行うこともできる。
スタートメニューから「regedit」と入力しレジストリエディターを開き、以下の場所に移動する。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\PowerHiberbootEnabled

PowerHiberbootEnabledという名前で追加または変更する。種類はDWORD、値は0で高速スタートアップが無効、1で有効となる。

 

 

via:TenForums

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.