iOS9.3.1でもナイトシフトと低電力モードの両方を有効にする方法

iOS 9.3から利用できるようになったナイトシフト機能。この機能は低電力モードと共存させて使用することはできない仕様だった。しかし、ナイトシフトが利用可能になってからSiriを利用した裏ワザでこの両方を使用できる方法が見つかっていた。

ところがその後のアップデートにより、Siriが改善されこの裏ワザも使用できなくなっていた。

 

しかし、9to5macの報告によると改善されて両方を使用できないバグが使えなくなってしまったが新たな方法でナイトシフトと低電力モードを共存させる方法があるという。

コツは「Siri」+「スリープボタン」

  1.  設定>バッテリー>低消費電力モードを有効
  2. Siriを起動し「ナイトシフトを有効」と話す。(「Night Shiftをオンにするには、低電力モードをオフにする必要があります。続けてもよろしいですか?」と応答される)
  3. 「はい」と返事し、Siriが応答しナイトシフトが有効にされる前に、iPhoneのスリープボタンを一度押す。(その後、Siriの確認音が聞こえる)

タイミングがうまくいった場合、iPhoneのロックを解除するとナイトシフトと低電力モードの両方が有効になっているはずだ。

以前の方法と違っているのは、「スリープボタンを押す」というところだ。これまではスリープボタンを押すという動作がなかったため、もう少しシンプルだったが、今回発見された方法はある程度タイミングが必要となるため少しコツがいるようだ。

この裏ワザはiOS9.3以降のデバイスで利用可能であるが、いつ修正されてしまうかわからないので注意が必要だ。

 

情報元:9to5mac

 

 

 

– Ads & Featured Contrents –




The following two tabs change content below.