iOS9.3にアップグレードした後Safariのリンクをタップするとフリーズ、開けない問題が発生中

iOS9.3がリリースされて間もないが、アップデートするとアクティベーションエラーが発生する問題を含め、いくつかの不具合が報告されており、また新たな不具合が多くのユーザーで発生しているようだ。

今回報告されたのは、Safariでリンクをタップするとフリーズしてしまい、リンク先を開くことができないという問題だ。

これはメール経由やその他のアプリを経由したURLをSafariで開いても同様の問題が発生する。

この不具合はすでにAppleには報告されており、修正されたバージョンが早い段階でリリースされると予想される。

リンクをタップするとフリーズ

今回の不具合は海外のAppleサポートコミュニティにて投稿されており、同じ症状であると答えたユーザーが多数いたようだ。

具体的には、Safariを使用してリンクをタップするとフリーズ、または表示されないというバグ。これはメールに送られてきたURLやreaderアプリ、その他アプリを使ってSafariを経由してリンクを開くと発生する。

Google検索を行っても表示されているリンクをタップしてもまるで反応がない。しかし、Bing検索を行うと何故か問題なく機能することも。

 

この問題が発生するとアプリスイッチャーから終了してもまた同じ症状が発生し、履歴やキャッシュを削除しても効果はない。再起動を行ってもやはりこうかはないようだ。

参考動画

 

一時的な回避方法

ios-9-3-safari-link-can-not-open

方法1.
一時的な回避方法として、設定アプリ>Safari>詳細>JavaScriptをオフにすると表示されるようになったとの報告もある。(ただしこの方法でも回避できないユーザーもいる。)

 

方法2.
その他の方法では、Chromeを使用している場合、リンクを長押しした後に新しいタブまたはシークレットタブで開くと表示されることもあるようだ。

 

方法3.
さらに他の回避方法として、設定アプリ>Safari>検索エンジンへ進み、GoogleからYahooやBingに変更すると回避できるという報告もある。

 

はじめに書いたとおりAppleにはすでに報告されているため、次回のバージョン(新しいiOS 9.3またはiOS 9.3.1)で修正されていると思われる。

 

– Ads & Featured Contrents –