Thumbly Keyboard: 片手で操作できる英字キーボード!

Microsoftが片手でタイプできる英字キーボード「WordFlow keyboard for iOS」を開発しているのは有名な話ですが、App Storeには既に同じようなキーボードがあることをご存知でしょうか?

今回はこの「Thumbly Keyboard」をご紹介!これで周りと差をつけちゃおう!

Thumbly Keyboard
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ¥240

QWERTYキーボードを片手で操作できる

thumbly-01

ご存知の通り、通常のキーボードは横長です。だから4.7/5.5インチの画面で片手操作するのはとてもキツイ!

thumbly-02

しかし、それならばすべてのキーが親指から届く位置にあればいい…!このキーボードは、大きく丸みを持たせて扇型にすることでそれを実現しました!

操作

ThumblyはDelete、Shift、Enterキーがありません(何故)。なので、各機能を使うには少し特殊な操作が必要です。

削除(Delete)

thumbly-delete
削除

(GIFは加工していません、本当に青い線が出ます)

右上から左下にスワイプすることで削除できます。

thumbly-deletes
連続削除


また、スワイプから左下を長押しすることで
連続削除が可能。

大文字(Shift)

thumbly-shift
Shift

 

「V」キーあたりから扇の外に向けてスワイプすることでShiftモードに入ります。

thumbly-capslock
CapsLock

ちなみに、素早く二回やるとCapsLockモードに入れます。

入力/改行(Enter)

thumbly-enter

Deleteとは逆に、左下から右上にスワイプすることでEnterが可能。

サイドバーの機能

thumbly-03

左右の切り替えは左の矢印マークから。加えて自動修正(AutoCorrect)機能はその下のABCマークからオンオフできます。

実際に使ってみる

実際に使ってみました。

確かに片手で打てる!打てるんですが…うーん…スワイプが多くてちょっと疲れるかもです。なぜ普通にキーにしなかったのか…

そして、連続削除は少し慣れが要ります。線がちょっとずれてると削除が止まってしまうので…。

終わりに

すごい面白いキーボードだと思うんですが、うーん…スワイプはちょっと疲れます。設定できるように頼んでみようかな…

脱獄しているのであれば、HandyKeyも要チェック!同じぐらいの値段だったかと思います。

Image via Thumbly Keyboard – App Store

– Ads & Featured Contrents –