脱獄後、すぐにして欲しい3つのこと

ついにPanguがiOS 9.2 – 9.3.3向けの脱獄ツールをリリースしましたね!!これでおそらく脱獄が初めてという方も増えたかと思います(僕の友達も脱獄しました)。そこで、脱獄後にしてほしい3項目を挙げておきます!

その1:Terminalでのパスワード変更

to-do-three-after-jailbreak-001

 

CydiaからTerminalをインストールして、mobileとrootのパスワードを変えてあげます。こちらのページを参考にしましょう!

そして、使ったTerminalは消さないでとっておきましょう。これも何かあった時に役立ちます。

ちなみに、僕のオススメのTerminalはNewTermです!

何故変えるのか

脱獄すると、bash(Bourne-Again SHell)というものがインストールされます。パスワードを変える時に使った「pwd」や「su」のことをコマンドといって、bashはこのコマンドをiOSの中枢に伝えるものです。

bashを使うと様々な操作ができます。ファイルを新しく作ったり、削除したり、名前を変えたり、転送したり…などなど。

こんな便利そうなbashですが、あるパッケージをインストールすることでリモートで使えるようになります。OpenSSHというんですが…これが危ない!

OpenSSHの恐怖

なぜなら、最低でもIPアドレスとパスワードさえ知っていれば誰でもログインできてしまうからです。そして、そのパスワードは一律でalpineに設定されています。ちなみに、これはiPhone OS 1.0のコードネーム「Alpine」から来てます。多分。

従って、悪意ある人間からのログインを防ぐために、パスワードを変えておくことが大事なんです!

もちろんOpenSSHをインストールしなければいい話なのですが、他の脱獄アプリを入れたときに一緒にインストールされることがあります。

すると、知らない間ずっとOpenSSHが裏で動き続けていることになります…怖すぎる!!

でも悪い奴じゃない

デメリットしかないわけじゃありません。取り扱いさえ守れば、リンゴループから脱出する足掛かりになったりする心強い味方になります。ここら辺はまた別の記事で書こうかと思います。

その2:Apple File Conduit “2”の導入

to-do-three-after-jailbreak-002
導入後

元々/var/mobile/Media内しか扱えない仕様になっていますが、Apple File Conduit “2”を導入することで、iFunboxやiMazingといったファイルマネージャーでiOS内の全てのファイル階層を扱うことができます

iFunboxの使い方はこちら。とても詳しく解説されてあります!

何かと便利になるので、どちらも是非入れておいて欲しいです!

その3:ファイラーの導入

to-do-three-after-jailbreak-003
Filza File Manager

上のだけでは、パソコンからアクセスできるようになったまでです。できればiOS単体でファイル操作ができるようなツールも欲しいところ。あります、Cydia。

現在、ファイラーはiFileFilza File Managerの二つが主流となっていますが、個人的にはFilzaがオススメ。

なぜなら、BigBossでのiFileの最終アップデートが2012年12月23日なのに対して、Filzaは2016年1月21日と開発状況にかなり差が開いているからです。

また、Filzaは無料版で検索機能を使うことができます。おそらく、こちらの方が使いやすいかなと思います。

終わりに

これだけ入れておけば、満足にトラブルシューティングができると思います。問題が起こってCydiaに入れなくなってからでは遅いので、できるだけ早く打てる手は打っておきましょう。それが人事を尽くすということだ(緑間)。

– Ads & Featured Contrents –